チラシ制作/企画の特長と流れ、料金表

弊社チラシ制作(チラシプロデュース)の特長

弊社では、チラシ制作を単なる流れ作業でデザインをとればいいとは全く考えていません。
なぜなら、チラシとは、最も反響を意識した販促物だととらえているからです。

さまざまな販促物を制作しておりますが、チラシほど奥が深いものはありません。
その理由は、どれが正解とも言えないし、また、クライアントの要望どおりに作ったからといって反響が出るとも限らないからです。

チラシは非常に表現力に富み、また、カタチや体裁も自由だからこそ作り手側の私たちも全精力を注がなければなりません。

チラシ制作において、弊社がこだわっているのは、「いかにヒットするチラシが提案できるか」なのです。そのキーワードが「チラシのアイデアと発想力」なのです。
この「アイデアと発想力」にこだわり続けて仕事をしているといっても過言ではありません。
だからこそ、私たちは、単なる「チラシ制作」とは考えていません。
チラシをプロデュースするという視点からチラシ企画、アドバイスまでを含めて提案いたしております。
クライアント様がチラシを作るニーズは「集客するため」つまり「売上げを上げるため」が大半です。
ということは、チラシ内容は企業の生命線であり、チラシは完全なる1商品です。
毎日、多くのチラシの中の単なる1枚としてゴミ箱行きとなるのか、それともお客様が興味を持ち手に取り行動する、また、必要性を感じ保存し、いずれお客様になってくれるのかでは雲泥の差があります。
1回のチラシが成功するのか失敗するのかでは、その後の企業戦略にも大きく関わってくるのです。
それは1回のチラシが成功すると「商品が売れる、売上が上がる、次のチラシが打てる、また商品が売れる、すると定期的にチラシを打てるようになる」、というように成功のスパイラルをつくる事ができますが、1回失敗してしまうと次が打てない、チラシはダメだとの印象を持ってしまう。2度とチラシは行なわない、集客手段が無くなってくる。

これはチラシがダメではなく何も考えずにチラシという「モノ」 を作る行為をしてしまっただけだからダメなのです。
チラシはダイレクトレスポンスマーケティングの代表的な手法として人々の消費心理に影響を与え、行動をおこさせていることも事実です。
チラシを単なる「印刷物」と考えるのではなく「集客する大切なツール」としてロジカルに考え、戦略化して行く事が会社の成長に繋がるとわたしどもは考えます。
どんなに素晴らしい商品でも、消費者に伝わらなければ売れません。
チラシの場合、対面で人と合って説明するわけではないのでいかにうまく伝えるかが肝心です。
商品に対する思いをいかに消費者に共感させるかが売れるか、売れないかの分かれ目になります。

弊社の豊富なマーケティングノウハウ、集客手法。エリアデータ等を最大限に活用し、クライアント様の集客ポイントを見いだし、チラシ訴求の表現方法。キャッチコピーづくり、そして、商品の特長、利点、ベネフィット等の訴求ポイント提示まで含めたトータルチラシプランニングを提供して、顧客獲得コストを低減した、反響の高いチラシプロデュースを致します。

チラシ写真


弊社チラシ制作(チラシプロデュース)の流れ

弊社では、チラシ制作をクライアント様の販売戦略の重要なかなめと捉えています。
なぜなら、チラシ広告とは顧客獲得のダイレクトな手段であり、新規開拓の重要な要素。そして見込み客発掘の重要手段です。
集客においては、顧客獲得のコストが非常に大事となり、また、費用対効果を計測した上でチラシ集客を検討することが企業の生命線であると認識しています。
そのためにも弊社の営業社員とスタッフは、全員が集客コンサルタントと認識してクライアント様へのご提案を心がけています。
全てはクライアント様の集客成功へのお手伝い。
その気持ちが最高の提案を可能にしていると自負しております。
私たちが常々、持ち続けている信条は、
「最良のアドバイスを心がける」 ということです。
そのためにも心から、クライアント様の求めているものを掴むヒアリングを日々心がけ、そして、最良の集客提案を図ることが弊社の役割だと認識しております。

以下が打合せの流れとなっております。

ステップ1 初回打合せ

*販売・集客戦略の方向性確認(チラシ販売訴求ポイント洗い出し作業等)
*集客商品の検討(フロント商品・バックエンド商品等)
*チラシ企画内容打合せ(チラシ内容・サイズ・枚数・紙質・配布エリア等)
*チラシ年間スケジュール
*ターゲット顧客分析
*予算と収益分岐点把握
(CPI、CPO、リーチ度、チラシ採算分岐率、獲得顧客生涯粗利益把握、収益単価率分析)

矢印

ステップ2 ヒアリング

*ターゲット顧客訴求ポイントヒアリング
(ニーズ&ウォンツ分析、悩み解消へのフォーカス、欲求の訴求ポイント)
*商品訴求のポイントヒアリング
(商品四大ポイント洗い出し「特長・利点・ベネフィット・エビデンス」)
*写真素材等確認
*スタッフインタビュー
*ラフ案の打合せ

矢印

ステップ3 制作進行

*チラシ原稿ライティング
*ラフ案作成
*画像等の取り込み
*チラシ構成

矢印

ステップ4 制作確認

*意見ミーティング
*修正チェックバック


料金表

*チラシ企画・プロデュース費用 25,000円〜
*チラシ制作費用 25,000円〜

上記料金はあくまでも一般的な金額を提示してございますので、複雑なデザインや写真撮影点数、お客様とのやり取りを頻繁に行なう必要がある場合等や販売戦略の構築等からなどにより変わります。