効果的カタログ・パンフレット制作で、 皆様の会社の『顧客の創造』にお役に立ちます。

カタログ作成ポイント

カタログ作成ポイント

商品・サービスをアピールし、購入に結びつける。

通販カタログに見られる『多品種混合カタログ』やブランドイメージ(デザイン)を統一した『ブランディング カタログ』、 ひとつの商品について事細かく解説した『商品カタログ』などカタログの意図するところや内容はさまざまですが、本質は『商品・サービスをアピールし、購入に結び付ける』ことがカタログの使命であり、本質です。

カタログの情報整理・機能面に配慮すること。

カタログは情報量が多いため、商品を探しにくかったり、比較しにくくならないよう、
機能面に配慮しなければなりません。
また、消費者のライフスタイルに商品を取り込んだイメージを連想させることで購買意欲を掻き立てるのも有効です。

カタログは、楽しみながら見ていただけるよう見やすく創ることで、商品に対しての好感度も上がります。
そのために必要なのが、『情報整理』です。
よってカタログ作成においては必ずインデックスをつけることが大事になります。

購入に結び付ける流れストーリーを構築する。

『販売につながらないカタログ広告には意味がありません』。
そのためにも、「購入に結び付ける流れを構築する」ことが必要となります。 この、販売への流れ、つまり、

  • 関心を惹きつける。
  • 興味をかきたてる。
  • 具体的にイメージさせる。
  • 商品購入の欲求を抱かせる。
  • 購入への決断をさせる。

この設計図をキチンと作る必要があります。 ポイントは各段階で、どう仕掛けを作りこむか?が販売アップのカギとなります。

カタログ作成のための企画・構成案を策定する。

製品情報がきちんと整理され構成されており、 ユーザーが検索しやすく必要な情報がスピーディに確実に得られることがカタログの条件です。
しかしこれだけでは販売につながりません。

商品コンセプトや思想、また製品の導入・運用提案、導入事例などまで含めることで他社カタログとの差別性ができ、ユーザーへの訴求力が高まります。
この考え方を一層引き立てるためのカタログスペック(ページ数、サイズ・形状、加工・スタイル等)を決め、 コンテンツ構成作業を経て、各コンテンツのページ配分を行い、 カタログ全体のデザイン、コンテンツの骨格を決定しなければなりません。

パンフレット制作メニュー
  • パンフレットの役割・目的
  • パンフレット作成における注意点
  • パンフレット作成ポイント
  • 業種・業界別パンフレットについて
  • パンフレットの形状・スタイル
  • パンフレットデザインについて
  • パンフレット制作進行スケジュール
  • 当社パンフレット企画・編集・制作の特長
  • パンフレット制作の料金の目安
商品カタログ制作メニュー
  • カタログの役割・目的
  • カタログ作成での注意点
  • カタログ作成ポイント
  • カタログの形状・スタイル
  • カタログ制作進行スケジュール
  • 当社カタログ企画・編集・制作の特長
  • カタログ制作の料金の目安
各種制作メニュー
  • 会社案内制作メニュー
  • 学校案内制作メニュー
  • リーフレット制作メニュー
  • 各種マニュアル制作メニュー
  • ガイドブック制作メニュー
  • ポスター制作
メニューEND