効果的カタログ・パンフレット制作で、 皆様の会社の『顧客の創造』にお役に立ちます。


カタログの形状・スタイル

カタログの形状・スタイル

カタログ作成の重要な部分は、何を目的として制作するか、
効果的に提案できるスタイルはどんなものが良いかが重要な鍵となります。

お客様の要望に合ったデザインの提案から制作・用紙の選択・印刷まで トータルでご提案させていただきますので一貫した品質が保てます。

カタログは一般的に多数ページ物が使用されますので、
現在制作されたデータ(ワード、エクセル、パワーポイント)からの流用もできますのでスケジュール等の短縮にも効果大です。

中綴じタイプ

8ページ、12、16、20・・・と4の倍数で構成されるカタログで、
最もオーソドックスなカタログ作成のスタイルです。
A4を横にした横長のスタイルも業種や目的によってデザイン・イメージ効果を発揮します。

無線綴じ・特殊製本・規格外タイプ

30ページ、50、100、200・・・となると中綴じは不可能ですので、無線綴じ、くるみ綴じでの印刷・製本となります。
表紙はボール紙などで厚紙にしておき、本文を1枚単位で2穴で制作し、それをリベットなどで綴じる形式。
差換え、追加が行いやすくコストメリットが高いが、年度版などの鮮度は打ち出しにくいです。

またホルダ部を厚紙バインダ方式にし、2~4穴で冊子式のカタログを綴じこんでいく様式もあります。
これはカテゴリが複数に亘っていて仕様が頻繁に変更になる場合などに効果的です。
厚みがあり存在感があるため埋もれたり、捨てられることから回避されます。
業種や使用目的によっては規格外サイズのカタログ作成が有効です。
規格外サイズですので、非日常的な視覚訴求があり、ターゲットに対し効果を高めます。
ただし当たり前のデザインではあまり効果は期待できません。
やはり非日常的とはいわずとも、デザイン的センスの高い視覚構成としたいものです。
サイズは例えば、縦はA4と同様297mmとするが横を260mmとするサイズ、
縦350mm×150mmの縦長スリムタイプ=スタイリッシュなカタログ作成のタイプです。

パンフレット制作メニュー
  • パンフレットの役割・目的
  • パンフレット作成における注意点
  • パンフレット作成ポイント
  • 業種・業界別パンフレットについて
  • パンフレットの形状・スタイル
  • パンフレットデザインについて
  • パンフレット制作進行スケジュール
  • 当社パンフレット企画・編集・制作の特長
  • パンフレット制作の料金の目安
商品カタログ制作メニュー
  • カタログの役割・目的
  • カタログ作成での注意点
  • カタログ作成ポイント
  • カタログの形状・スタイル
  • カタログ制作進行スケジュール
  • 当社カタログ企画・編集・制作の特長
  • カタログ制作の料金の目安
各種制作メニュー
  • 会社案内制作メニュー
  • 学校案内制作メニュー
  • リーフレット制作メニュー
  • 各種マニュアル制作メニュー
  • ガイドブック制作メニュー
  • ポスター制作
メニューEND