効果的カタログ・パンフレット制作で、 皆様の会社の『顧客の創造』にお役に立ちます。

会社案内制作

会社案内の訴求力を高める

会社案内の訴求力を高めるには、
『分かりやすい構成』、 『充実した内容』、 『デザイン力(表現力)』の3要素が必須です。

ターゲット顧客や取引先にどのようなイメージを伝えたいのかによって3要素の組み立て方は変わります。
この三要素を上手に活用することで、企業イメージのよい印象を与え、同時に高い企業価値を醸成する効果があります。
新規顧客が新たな取引先を判断するポイントに、
「その会社が、信頼できるか」という判断要素があります。

よって新規客への初訪問で、「信頼に値する会社である根拠として会社説明」がとても重要になります。
新規開拓で高い成約率を上げている会社は、初訪問では、
「商品説明」よりも「会社説明」を重視し、
「どのように自社を説明するか」について比重を置いています。

「会社案内」とはこの初訪問で営業が行う会社説明のシナリオ・ストーリーを印刷物の形にしたものなのです。
この発想でつくる会社案内が、法人新規客開拓の現場で役に立っているのです。
ですから、会社案内の企画を立てるには、まず「どのように、新規客に説明するか」という会社説明のシナリオを考えることから始めることです。

会社案内の信頼感・親近感を醸しだす。

「会社説明」の中で、最も新規客に信頼感を与える情報
――それは「実績」です。
「会社案内」で大切なのは「商品やサービスの実績を、どう伝えるか」です。
そして、新規営業訪問では、名刺交換からはじまり、次に会社案内を渡すことになります。
名刺交換も重要ですが、会社案内を説明するときに、どれだけ「親近感を生む」会社説明が出来るかで、
その後の商談は大きく変わってきます。
どんな会社か分からずに、その会社の商品を買う人はいません。
親近感のある会社案内を作成し、お客様に愛着を与え、
そこから話題を膨らませればコミニケーションが円滑になり、お客様に親近感を抱かせることができます。

記憶に残る会社案内を作成する

会社案内作成で重要な点の一つは「記憶に残る会社案内」を作成するとこです。
顧客が商品やサービスを購入しない理由は二つあります。
一つは『あなたの会社を忘れる』からです。
二番目の理由は、お客様が『あなたの会社から商品を買う理由を見つけ出さない』からです。
という事は、この二つを解決すればあなたの会社から商品を買う理由が見つかるのです。
つまり、「忘れられない工夫をする」、「買う理由を見いださせれば」いいのです。
だからこそ、会社案内に、記憶に残る工夫、買う理由を見出させる工夫が必要なのです。
顧客が忘れるのは当たり前、だからこそ、顧客の記憶にクサビを打ち込み思い出させる工夫をしましょう!

記憶に残る、忘れられない会社案内とは

記憶に残る会社案内の要素は以下です。

  • 心をつかむキャッチコピー
  • 惹きつけるデザインテイスト
  • わかりやすく、要点をついた内容
  • 写真画像にインパクトがある
  • 親近感がある

わかりにくい会社案内もまた、忘れ去られてしまいます、
だからこそ、誰が見ても分かりやすい会社案内にすることが必要なのです。

会社案内作成のチェックポイント

会社案内をより魅力的なものにするのはまず、「内容の組み立て方」が大切です。
つまり、構成のしかた、と構成要素です。
会社案内の内容をまとめる時のポイントとしては

  • 訪問時に営業が説明しやすいか
  • 順番は、読みやすくできているか
  • ストーリー性があるか
  • 自社の特長や、商品・サービスのメリットが伝わっているか
  • 想いが伝わるか

これらの点に気をつけて会社案内を組み立てていきましょう。

会社案内の入れるべき要素

会社のビジョン。 会社概要。 商品説明。
これらは必須の事項です。
会社のビジョンとは代表挨拶、経営方針、経営理念などが挙げられます。
代表挨拶はその会社の顔となるものです。
どのような経営者のもとで成り立っている会社なのかを判断するための大切な内容です。
代表者挨拶は受け取った側は注目して目を通す部分です。
しかし代表者挨拶に力を入れていない会社案内が見受けられます。
会社の方針を決定付けるのも代表者挨拶からです。
代表者自らの情熱、意思、ビジョンは確実に入れて、会社をリードする立場を示した挨拶にしましょう。
会社案内をより顧客向けの内容として、営業ツールとして利用する場合は、
会社と顧客の距離を感じさせないような親しみのある挨拶文にしましょう。

経営方針、経営理念も明確なものでなければ意味がありません。
会社概要は事業内容、設立年、資本金、社歴、沿革、所在地、IR情報、役員紹介、
従業員数、組織図、取引先情報などがあります。
商品・サービス概要は商品案内、機能や特長、効果などをしっかりと書き込み、
商品をより良く知っていただくために有効な情報をきちんと盛り込みましょう。

社歴や沿革:

創業者、経営者、社員の紹介。
会社の創業・設立からの歴史。
商品・サービスの開発、などの由来や動機に関すること

組織の運営や営業所・販売所の情報:

顧客の頭にすらすらと内容が入っていく会社案内、
これをどうやって印刷物のかたちにしていくのかが重要で難しいことです。

会社案内のレイアウト例(8ページ/中綴じの場合)

初めて会社案内やパンフレットを作成される場合でも、安心して弊社へお任せください。
詳細なヒアリングを実施し印刷制作物の使用目的、配布対象などを明確にし、企画・構成に取り組みます。
そこから効果的なコピーライティング、最適なデザイン、またページ構成、サイズ、加工形式等のスペックを決定し、
作成が初めてのお客様でも満足度の高い印刷制作物をご提供します。

パンフレット制作メニュー
  • パンフレットの役割・目的
  • パンフレット作成における注意点
  • パンフレット作成ポイント
  • 業種・業界別パンフレットについて
  • パンフレットの形状・スタイル
  • パンフレットデザインについて
  • パンフレット制作進行スケジュール
  • 当社パンフレット企画・編集・制作の特長
  • パンフレット制作の料金の目安
商品カタログ制作メニュー
  • カタログの役割・目的
  • カタログ作成での注意点
  • カタログ作成ポイント
  • カタログの形状・スタイル
  • カタログ制作進行スケジュール
  • 当社カタログ企画・編集・制作の特長
  • カタログ制作の料金の目安
各種制作メニュー
  • 会社案内制作メニュー
  • 学校案内制作メニュー
  • リーフレット制作メニュー
  • 各種マニュアル制作メニュー
  • ガイドブック制作メニュー
  • ポスター制作
メニューEND