効果的カタログ・パンフレット制作で、 皆様の会社の『顧客の創造』にお役に立ちます。

パンフレットの形状・スタイル

代表的なパンフレットのスタイルをいくつかご紹介してその特徴などもご説明いたします。

中綴じタイプ

A4サイズで8ページ、12、16、20・・・と4の倍数で構成されるパンフレットで、
最もオーソドックスなパンフレットのスタイルです。
全体の構成ですが、イメージエリア、コンセプトエリア、
実務エリアと大きく分けて分類することも、このタイプは比較的明確に表現できます。
A4サイズを横にした横長のスタイル(下図)も業種や目的によっては効果的です。

観音降りタイプ

仕上りはA4、片側観音折りで挟み込み、片側3面見開きの6ページ構成とするパンフレットです。
見開きで3ページ一覧で使用できるので、全体像を一覧で理解させたい場合は大変効果的です。
両方観音にする両観音折り(8ページ)パンフレットも目的やコンテンツ構成によっては効果的です。
8ページ構成のパンフレット作成の場合、観音折りタイプ、中綴じタイプの双方で検討するのも一案かと思われます。

ポケットフォルダ+ペラタイプ

ポケット付きパンフレットでスタンダードなのは二つ折り見開きタイプ(4ページ)で、 表紙を開いた右側ページにポケットを配置する形状です。ここにペラを数枚挿入させます。

ペラはA4サイズが一般的なのでホルダはA4より大き目のA4ワイドにします。 中綴じ仕様の最終ページにポケットを配置してそこにペラを挿入するタイプも人気です。

製品・サービス数が複数あり、その製品・サービス情報を1品1枚のペラにまとめ、 ホルダ本体のポケット部に挿入すれば、製品・サービスごとに分けた商品パンフレットが出来上がります。

綴りにしていないので、製品情報が変更になったものだけ差替え制作すればよく、 このことで印刷加工費を最少に抑えることができ、初期費用が若干かかったとしても、 長期的にはコストダウンのメリットがあります。 ポケット部に名刺スリットをつけること、 ポケットを見開き左右両面に配置すること、さらにマチをつけることも可能です。

中綴じ・観音開きタイプ

中綴じタイプでページの片側を観音開きするタイプのパンフレットです。
4の倍数ページに1枚の両面(2ページ)を追加して10ページ、14ページなどの構成が可能となります。
観音開きを全開すると、大きくインパクトあるビジュアルデザイン、
システムや仕組みを3面見開きでダイナミックに表現できるため、
説得力の向上、印象付けとしては大変効果的です。

規格外タイプ

業種や使用目的によっては自由な発想に基づき、規格外サイズのパンフレットが有効です。
例えば縦はA4と同様297mmとするが横を260mmとするサイズ、
縦350mm×150mmの縦長スリムタイプ=スタイリッシュなパンフレットタイプです。

リーフレットタイプ

サイズはA4の1/3(H210mm×W99mm)がポピュラーです。
ハンディタイプ・リーフレットのパンフレットですので、
トレイなどに入れておいて手軽に持ち帰ってもらう配布方法の場合効果的です。
左下からハウジング系リーフレット、装飾品(リング)リーフレット、スタッフ用リーフレット。
パンフレット作成にあたって、当社グラフィックデザイナーにより様々な目的、
ターゲットに最適化したグラフィックデザインをご提案します。

先進的でシャープなタッチ、気品・高級感のあるタッチ、
落ち着いた重厚感のあるタッチ、ソフトで親しみのあるタッチ、女性的でエレガントなタッチ、
楽しくポップなタッチ、CG・クールなタッチ・・・、また文字でグラフィックを表現するタイポグラフィ、
複雑なフローチャート、イラスト作成、ピクトグラムアイコン、CG・3Dタッチのデザイン、
など効果的なパンフレット作成のためのお客様の様々なニーズを具現化します。
デザインの良し悪し一つで信頼性や安心感を訴求でき、
その結果実績に大きな違いが出ることもある、といっても過言ではありません。
やはりそれだけデザイン性は重要です。

会社案内・カタログ等、パンフレットを一から考える時には、色々と悩む要因がいっぱいあります。
たとえば、会社案内でもコンセプトのもって行きようで、
営業用案内・商品用案内・会社の歴史を表現したものなのかなど、
いろいろありますが、どれに的を絞るかによってそれぞれ変わってきます。
営業用案内となりますと、
営業がきっかけ作りを重点に置いた会社案内を作成するのが良いかもしれませし、
商品用案内でしたら、営業が言葉で商品のすべてを紹介できない場合の、
営業フォロー用の会社案内を作成するのがよいかもしれません。

会社案内 等、パンフレットを一から考える時には、まずご使用されるシーンを想像してみてください。
想像からコンセプトを創造することができます。
このようにパンフレットの制作スタイルには様々なタイプがありますが、
いれこむ内容や予算に応じて制作スタイルを変えることで
オリジナリティー溢れたパンフレットを制作することが出来ます。

パンフレット制作メニュー
  • パンフレットの役割・目的
  • パンフレット作成における注意点
  • パンフレット作成ポイント
  • 業種・業界別パンフレットについて
  • パンフレットの形状・スタイル
  • パンフレットデザインについて
  • パンフレット制作進行スケジュール
  • 当社パンフレット企画・編集・制作の特長
  • パンフレット制作の料金の目安
商品カタログ制作メニュー
  • カタログの役割・目的
  • カタログ作成での注意点
  • カタログ作成ポイント
  • カタログの形状・スタイル
  • カタログ制作進行スケジュール
  • 当社カタログ企画・編集・制作の特長
  • カタログ制作の料金の目安
各種制作メニュー
  • 会社案内制作メニュー
  • 学校案内制作メニュー
  • リーフレット制作メニュー
  • 各種マニュアル制作メニュー
  • ガイドブック制作メニュー
  • ポスター制作
メニューEND