ネット集客、ネット戦略ならダーウィンシステム株式会社

トップ > PPC広告(リスティング広告)を成功させる方法とは?

PPC広告(リスティング広告)を成功させる方法とは?

Yahoo!リスティング広告審査システムのGoogle化

近々、YAHOO!リスティング広告の審査システムがGoogleのシステムを採用化する方向に向かっています。

本格的に採用されれば、ある意味、アドワーズとYAHOO!リスティング広告は、表面上は違うが、内面的には同じという事になります。

コンテンツネットワーク(Google)、インタレストマッチ(Yahoo) この段階まで辿り着ければ、上級レベルです。
しかし、PPC広告の基本を押さえないで、PPC広告全般を手がけても広告効果は期待できません。

これから、PPC広告(検索連動広告)を成功させるポイントをお伝えします。

成功ポイント1.広告文章(フレーズライティング手法)の重要性

検索結果広告のライティング手法のポイント

・タイトルの文字で反応率を向上させる二つの方法。
重要な点が二点あります。
一点目は、ユーザーが検索したキーワードと同一のキーワードを必ずタイトル文字内に挿入することです。
なぜなら、ユーザーは検索語に対して関心・興味があるので、その語彙が含まれていないと、「自分の関心ある情報でない」と思いクリックしないからです。
また、検索語と同一の語彙は太字表示されるので、瞬間的に目に付くからです。
ネット検索ユーザーはスピーディーに自分の必要とする情報を欲しがるものです。

二点目は、「○○するなら・・・」というようなメッセージをユーザーに投げかけるようにすることです。

以下のようなフレーズを使うと反応率が取れるライティングとなります。
「○○する方法」、「○○を成功させるなら・・・」、「○○の秘訣とは」、「○○の成功ポイントとは?」「○○するポイントをお教えいたします」等。

検索結果広告のライティング手法のポイント

・表示文で反応率を向上させる方法
二つの考え方があります。

一点目は、ユーザーが検索した語彙に対して、例えば、「インクジェットプリンター」なら、以下のようなライティングをすることで反応が取れます。
「インクジェットプリンターの詳細をお教えいたします」。というような、検索語彙に対しての補足文を入れるようにすることです。

二点目は、オファー(申し入れ)をどう提示するか?です。
例えば、「今なら、○○のノウハウの冊子を差し上げています」というような、相手が欲しがるような、オファーを提示することです。

ページの先頭へ戻る

成功ポイント2、地域キーワードの重要性

ネットユーザーが検索エンジンで自分の探したい情報を入手する場合、例えば、「住まい」というキーワードの入力だけでは、膨大な量の検索数がヒットしてしまい、自分が探し求める情報にはたどりつきません。
そのために、検索ユーザーは「住まい」、「長野」というようなセグメントされた二単語のキーワードを入力します。
リスティング広告においても、これらセグメントキーワード(二単語の複数キーワード)を多数入力しておくことで、最小の予算で最大の効果を得ることが出来ます。

ポイントは、地域キーワードと商品キーワードを組み合わせることです。

ページの先頭へ戻る

成功ポイント3、入力キーワードは明確に。(ロングテールの法則)

入力キーワードは手を抜かないことが大切です。
どんな業界にも、多くのトラフィックを呼び寄せる特に目立つキーワードがあるものの、実際に検索されているキーワードには幅があります。
この幅に注目して、「ロングテールキーワード」を重視すれば、クリック単価は抑えられます。
さらに、キーワードが正確にマッチすると広告の表示ランクが上位になります。
そのためにも、正確にマッチするキーワードを沢山入力しておくことです。

ページの先頭へ戻る

成功ポイント4、トップの表示位置を獲得を優先順位の一番にしない。

特に高額なクリック単価を支払っていて、なおかつキーワードが大雑把な場合、検索連動広告でトップの表示位置をとるのは、優れた集客戦略とは言えません。
ポイントはクリック単価とコンバージョン単価のバランスです。

ページの先頭へ戻る

成功ポイント5、ランディングページを作りこむこと。

せっかくクリックされたのに、平凡なトップページ誘導するようになれば、クリックした顧客は、すぐに逃げてしまいます。
3秒ルールと言われるよに、ネットユーザーは、訪問したページが、検索したキーワードに対して、必要な情報が得られないと思えば、すぐに別検索を始めてしまいます。

ページの先頭へ戻る

成功ポイント6、無駄なキーワードは除外すること。

PPC広告では、自分の広告を表示したくないキーワードを設定できます。
価値のないトラフィックを避けるために、「除外キーワード」機能を忘れずに活用することです。

ページの先頭へ戻る